FC2ブログ

静解析CAE屋さんのための動解析FEM(有限要素法)入門

CAEで静解析応力解析しかやったことがない方のための動解析講座。怪しいところ有ったらご連絡ください(^^;)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

周波数応答に複素数(虚数)が出てくるわけ その1


さて、これからなぜ周波数応答の結果が複素数になるのかを示しますが、まず、複素数とか虚数とかは一回忘れていただきます。

そしていつものはりのある点の変位について考えます。
(画面の関係で縦書きにします。絵でははりが曲がっているように見えませんが、曲がっているものとしてみてください(^^;))

fr2014-045

この点は時間と変位の関係が正弦波の形で表されることはすでに説明してきたとおりです。また、その振動数(周期)も加えている荷重と同じになることも確認してきました。

この変位を一本の数直線上を動く点で表すと、

fr2014-046

この点の数直線状の位置がわかるということは、現在のこの点の変位がわかるということです。また数直線状の位置を時間ごとに記録していけば、正弦波形のグラフが得られます。

fr2014-047


もしよかったらクリックしてください。順位が上がります。。。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします(^^;)

人気ブログランキングへ

↓tsunodakoのつぶやき
tsunodakoをフォローしましょう
スポンサーサイト

テーマ:CAEシミュレーション - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2015/05/18(月) 21:35:54|
  2. 振動解析 Part2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<周波数応答に複素数(虚数)が出てくるわけ その2 | ホーム | それでは、なぜ周波数応答解析に複素数が出てくるのだろうか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vibrationcae.blog.fc2.com/tb.php/384-82e6ab64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

つのだこたろう

Author:つのだこたろう
2012年8月以前の記事は管理人別ブログ http://freecaetester.blog62.fc2.com/と重複します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
振動解析 Part2 (44)
解析講座 (329)
ひとりごと (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。