FC2ブログ

静解析CAE屋さんのための動解析FEM(有限要素法)入門

CAEで静解析応力解析しかやったことがない方のための動解析講座。怪しいところ有ったらご連絡ください(^^;)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CalculiX周波数応答解析広範囲の周波数帯で計算した結果


では、100Hzまでの周波数応答の結果を見てみましょう。

ds1147

うーん、2Hz付近にピークが出ているのはわかりますが、それ以降は良くわかりませんね。。。

こういうひとつだけピークが大きい時は、縦軸を対数スケールにするとよいことがあります。

対数スケールにして見ましょう。

ds1148

今度はピークがよくわかります。

グラフから、2Hz、13Hz、36Hz、69Hz付近にピークが出ているのがわかります。

固有値解析結果を見てみると、

ds1149


ピークが出ているところに固有周波数(CYCLES/TIME)が出ているのがわかりますね。

つまり、周波数応答解析は固有振動数の情報が得られるということになります。

でも、これだけでよいのでしょうか。。。
(じつは良くないのですが、次回へ続きます)

もしよかったらクリックしてください。順位が上がります。。。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします

人気ブログランキングへ

↓tsunodakoのつぶやき
tsunodakoをフォローしましょう

スポンサーサイト

テーマ:CAEシミュレーション - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/24(日) 20:43:31|
  2. 解析講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<固有値解析結果を確認してみる | ホーム | CalculiX周波数応答計算振動数指定方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vibrationcae.blog.fc2.com/tb.php/336-73d96929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

つのだこたろう

Author:つのだこたろう
2012年8月以前の記事は管理人別ブログ http://freecaetester.blog62.fc2.com/と重複します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
振動解析 Part2 (44)
解析講座 (329)
ひとりごと (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。