FC2ブログ

静解析CAE屋さんのための動解析FEM(有限要素法)入門

CAEで静解析応力解析しかやったことがない方のための動解析講座。怪しいところ有ったらご連絡ください(^^;)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

周波数-安定した最大変位の関係の結果

では縦軸に最大変位、横軸に振動数をとってプロットしてみます。

ds1108

2Hzでピークが出ているのは明らかです。

つまり、この構造物に2Hzの荷重を与えると、非常に大きな変形を起こすので、大変危険です。

この構造物は長い時間2Hz前後の荷重がかからないように設計すべきです。

この一定の制限は荷重をかけたときに大きな変形が発生する現象を共振と言います。

ところで、この共振ですが、どの振動数で起きるかは、わざわざ今回のような過渡応答解析をしなくてもわかります。

以前にも少し書きましたが、共振は固有振動数でおきます。

この構造物を固有値解析をすると、

ds1109


1番目のモードは

0.2101851E+01=2.1(Hz)

で確かに2Hzに近いところに固有振動数≒共振周波数がある事がわかります。

固有値解析は過渡応答解析やこの後説明する周波数応答解析などより設定が簡単で、固有振動数が求まります。

よって、共振を防ぐ設計の第一歩は固有値解析ということになります。


もしよかったらクリックしてください。順位が上がります。。。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします

人気ブログランキングへ

↓tsunodakoのつぶやき
tsunodakoをフォローしましょう

スポンサーサイト

テーマ:CAEシミュレーション - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/23(水) 18:19:23|
  2. 解析講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<半値幅法での減衰比の求め方 | ホーム | 周波数を変えたときの梁先端変位応答の計算結果>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vibrationcae.blog.fc2.com/tb.php/314-46d59d7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


プロフィール

つのだこたろう

Author:つのだこたろう
2012年8月以前の記事は管理人別ブログ http://freecaetester.blog62.fc2.com/と重複します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
振動解析 Part2 (44)
解析講座 (329)
ひとりごと (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。