FC2ブログ

静解析CAE屋さんのための動解析FEM(有限要素法)入門

CAEで静解析応力解析しかやったことがない方のための動解析講座。怪しいところ有ったらご連絡ください(^^;)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モーダル減衰の入力方法


では次に
de1096
このはどのような値を入れるのか、ということになりますが、

ABAQUSやNastran等の商用CAEソフトでは、一般的な減衰パラメータ(例えば減衰比など)を

モード毎

に入力しておけば、bの値はソフトの中で計算してくれます。

例えば減衰比の入力をイメージとすると

モード1の減衰比 0.001
モード2の減衰比 0.002
モード3の減衰比 0.0025

のように入力することになります。

CalculiXの場合、*Modal Dampingというコマンドを使って上記の減衰比を入力すると

*Modal Damping
1, 1, 0.001
2, 2, 0.002
3, 3, 0.0025

となります。

数値データの入力部分は
(指定する最初のモード),(指定する最後のモード), (減衰比)

というデータ構成になっています。

1番目のモードから20番目のモードまですべて同じ減衰比(例えば0.016769)であれば

*Modal Damping
1, 20, 0.016769

という入力になるのです。

これで以前実際解析を行って、

http://vibrationcae.blog.fc2.com/blog-entry-197.html

狙った減衰比が出ていることを確認しています。


もしよかったらクリックしてください。順位が上がります。。。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします

人気ブログランキングへ

↓tsunodakoのつぶやき
tsunodakoをフォローしましょう

スポンサーサイト

テーマ:CAEシミュレーション - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/13(日) 21:47:03|
  2. 解析講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モーダル減衰のメリットとデメリット | ホーム | モーダル法過渡(時刻歴)応答のモーダル変換>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vibrationcae.blog.fc2.com/tb.php/306-fb6c2ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

つのだこたろう

Author:つのだこたろう
2012年8月以前の記事は管理人別ブログ http://freecaetester.blog62.fc2.com/と重複します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
振動解析 Part2 (44)
解析講座 (329)
ひとりごと (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。