静解析CAE屋さんのための動解析FEM(有限要素法)入門

CAEで静解析応力解析しかやったことがない方のための動解析講座。怪しいところ有ったらご連絡ください(^^;)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年新年の挨拶代わりの独り言

皆さん、あけましておめでとうございます。(^^)

去年はものづくり屋にとって、国内では大災害、原発事故、節電、国外ではタイの洪水に記録的円高と良い年とはいえない方が多いのではないかと思います。。。

今年になって一挙に挽回できる雰囲気でもないのですが、地道にやっていきましょう。。。


さて、このブログもたまにメールが来て、楽しみに読んでいます、といってくださる方もおり、非常にありがたいことです。
(メール歓迎ですので、よろしくお願いします。原則返事は書いてますが、忙しいと出せなかったり、遅れる場合も正直ありますので、その点はご容赦ください(^^;))

また、このところ振動解析について書いていますが、現在の私の本業では行っていない業務だったりします(^^;)。

振動解析以前はやっていたのですが、ただいつ何時必要になるかわからないので備忘録にしているということもかねてやっています。

結構思いつきで書いていますので(忙しくなったら更新止まるし。。。)、体系的になっていないのですが、その点はご容赦を。。。
(本当はホームページでまとめたいのですが、手が付けられていません。。。)

振動解析について、問題になるのは
(というより、私自身が最初理解できなかったのが)

-固有値とは何か
-減衰の種類と入れ方
-モーダル法と直接法の違い
-周波数応答とは何か

振動現象に対して設計開発を行っている方にとっては、振動解析分野で出てくるパラメータは難しいものではないのかもしれませんが、静解析中心に行ってきたCAE屋にとって、突然「動解析やれ!」といわれるとなかなか大変です。。。

部分的にでも初心者の助けになれば幸いです。。。


さて現在レーリー減衰(レイリー減衰、レーレー減衰とも言う)について書いていますが、αとβは最終的にどのように決めるか(私の説ですが)、まで書いていきたいと思いますので、まだしばらく続きます。


その次にモーダル法の過渡解析、強制振動、周波数応答解析、と書いていきたいと思います。

私も学者ではないので、かなり理論的には端折った説明になると思いますが、何かご意見あればメールいただけると幸いです。

では今年もよろしくお願いいたします。

もしよかったらクリックしてください。順位が上がります。。。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

↓tsunodakoのつぶやき
tsunodakoをフォローしましょう
スポンサーサイト
  1. 2012/01/04(水) 22:50:27|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

つのだこたろう

Author:つのだこたろう
2012年8月以前の記事は管理人別ブログ http://freecaetester.blog62.fc2.com/と重複します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
振動解析 Part2 (44)
解析講座 (329)
ひとりごと (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。